Project 作品紹介

Round Table 2006

偶然手に入れたポール・ヘニングセンのPHランプと関係を持ちたいという動機から生まれたテーブルです。
階段状の穴が穿たれ、PHランプと同色の塗装が施されています。
穴の奥にLED照明が仕込まれており光が溢れ出てくる仕掛けになっています。
ガラスのベース花瓶を置いて花を浮かべたりするとちょっとした演出ができます。

PET椅子 2005

1mm厚のPET樹脂シートを使って制作した実験的な椅子です。
人が座って倒れないというような力学的な原理ではない方向から思考されたかたちです。
伸ばせば、数枚のシートになります。長さによって計量される椅子と言ってもいいかもしれません。

ZenZen 2003

コミュニケーションツーツとしての家具の試作です。
この高さ60mmの座卓は、テーブルとしての機能性を著しく欠いた、語らいの場だけを提供するものです。
あまり使われない和室でお茶を飲みながら話したり、花見をもっと粋に楽しんだり、そんな時にだけ活躍するテーブルです。