Project 作品紹介

Preview Room

Imagica本社屋の地下階に計画された、映画の字幕編集を行う試写室の内装設計です。
約70㎡の空間に前室と2つの試写室を効率よく機能的に計画することと、
試写室が、ここを訪れて作業する翻訳家のホームオフィスであるような雰囲気と居住性をもたらすものであることが要望されました。
自然の光が全く入らない単調で無時間的な地下の空間に如何にして変化と潤いを与えるか。
ここでは、照明の扱いに注意し、それらを軸として空間をデザインしました。
まず前室(Gallery)は、木製のルーバーの上から強く白い光が照りつけ、
あたかも2つのアパートメントのプライベートガーデンであるかのような空間にしています。
一方、試写室では、透過性のあるファブリックを使った縦ブラインドから間接照明の光が空間を優しく包み込みます。
このブラインドは、角度調整することで、映写時におけるスクリーンからの反射光が、
壁面へ写り込むことを減少させる役割も担っているのです。

述床面積
:70.24㎡(試写室26.89㎡)
竣工
:2002年
撮影
:Nacasa & Partners Inc.